看護師、たまにはまったり行きましょう


by uoyhqkkwac

辞任でも移設拒否変わらず=訪問先の札幌で名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は2日、訪問先の札幌市内で記者団に対し、鳩山由紀夫首相の辞意表明について、「(首相が交代しても)辺野古での基地建設の実現可能性はゼロだ」と述べ、引き続き米軍基地の受け入れを拒否する考えを示した。
 稲嶺市長は「普天間問題で、沖縄県民は失望のどん底、怒りの頂点だ。辞任してそれで物事が済むわけではない」と批判。「政権交代で沖縄の置かれている立場は変わるとみんな思った。いったい政権交代とは何だったんだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

梅若小児童が梅の実を収穫 墨田区(産経新聞)
鳩山政権打つ手なし「どんな政策も効果ない」(読売新聞)
「国民が聞く耳持たなくなった」 最後まで“宇宙人”(産経新聞)
後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目(医療介護CBニュース)
首相辞任 「朝、連絡があった」 渡部元副議長(産経新聞)
[PR]
by uoyhqkkwac | 2010-06-04 13:17