看護師、たまにはまったり行きましょう


by uoyhqkkwac

医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)

 宮川医療少年院(三重県伊勢市)は25日、男性法務教官(31)=4月1日付で異動=が収容中の少年3人に、右腕をたたくなどの暴行を加えたとして、戒告処分にしたと発表した。教官は「少年が規律違反を繰り返し、生活態度が改善されないため、たたいてしまった」と話しているという。
 同院によると、教官は2008年9月30日〜09年4月ごろ、少年3人に対し、居室や面接室で少年の右うでをたたいたり、背後から頭部をたたいたりするなどの暴行を加えたという。3人にけがはなかったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年
医療少年院の自殺で国が一部敗訴=ベルト貸与は注意義務違反
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行
謝罪受け入れ、再会望む乗客=傷癒えぬ遺族も

口蹄疫対策で種牛移動=熊本(時事通信)
車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)
皇太子さま、シンポご出席(産経新聞)
<リフォーム詐欺>「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問(毎日新聞)
<裁判員裁判>点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by uoyhqkkwac | 2010-05-27 23:08